マッサージをしても練習を休んでも、いっこうに良くならなかった 右膝の外側の痛みの陸上部男子学生の改善事例 - 患者さんに寄り添った治療を。天城整骨院です。頭痛・肩こり・腰痛・膝痛などの慢性痛、捻挫、急性・亜急性の関節や筋肉・腱の痛みなどでお困りでしたら当院へお越し下さい。

倉敷市藤戸町の天城整骨院
お気軽にお問い合わせください

マッサージをしても練習を休んでも、いっこうに良くならなかった 右膝の外側の痛みの陸上部男子学生の改善事例


はじめに

こんにちは
天城整骨院の院長の今行です。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

今回のブログでは、膝の痛みに悩まされていた男子高校生が、改善した事例について、ご紹介させていただきます。

「少し走っただけでも、膝の外側が痛くなる」
「練習を休んでいるのに、変わらない」
「マッサージをしてもらっているけど、いっこうに良くならない」

など、膝の外側の痛みで、走ることが出来ずに困っていた陸上部の男子高校生です。

もし、今現在、同じようなお悩みを持たれている方がおられましたら、参考になるかもしれません。
ぜひ、お時間がある際にお読みください。

 

右膝の外側の痛みや違和感の症状に悩まれていた陸上部の男子高校生

2kmぐらい走ると、痛くなるんです

初診の際に痛みが出た経緯をお聞きすると、数ヶ月前から走った後に右膝の外側の違和感を感じるようになったそうです。

その後は痛みを感じるようになり、痛みがだんだんと強くなって、走れなくなってしまいました。

近くにある治療院に通って、定期的にマッサージや電気を当ててもらっていましたが、膝の痛みは改善せず。

自分自身でもテーピングをしてみたり、何日か練習を休んでみたり、膝まわりの筋肉のマッサージをしたりするなどしていましたが、症状に改善の兆しは一向にありませんでした。

大きな試合に出場することが決まっているにも関わらず、膝の症状が改善しないので焦ってきます。

そのような練習が出来ない状況になっていた息子さんの事を心配され、お母さんの勧めで当院を受診されました。

 

短い距離を走っても痛みが出てしまっていた右膝の痛みの原因について

体の状態を診させていただくと、骨盤や股関節の歪みがあり、体のバランスが崩れてしまっていました。

痛みの出ている右足で、片足立ちになってもらうと、写真のように、体のバランスが崩れたことにより、体重をかけた膝が内に入る、いわゆるニーイントゥアウトの状態になってしまって右膝に過度な負担をかけていました。

右膝の負担を庇うために、右のおしりまわりやふくらはぎの外側の筋肉に負担がかかり、筋肉がカチカチに硬くなっていました。

カチカチに硬くなってしまうと、関節の動きがスムーズにすることができなくなります。

そのために、短い距離を走っても、膝に過度な負担がかかってしまい痛みを起こしてしまっていました。

 

体の歪みを整える整体治療と特別な治療機器で改善した理由とは?

治療では、体の歪みを整える整体治療と特別な治療機器を組み合わせてさせていただきました。

初回の治療後、
体の歪みを整えて、膝やおしりまわりの筋肉がゆるみ、膝、股関節がスムーズに動くようになったことで、
バランスが良くなった感じがします
と、治療の効果を実感していただきました。

 

3回目の治療に来院された際
少し走ってみても、痛みがなくなってきました
と、少しの距離でも痛かった状態が大きく改善していきます。

 

5回の治療後には
長い距離も、膝のことを気にすることなく走れています
と、日に日に症状は改善していきました。

 

3週間後の試合、
ベストの記録を出すことが出来ました
と、無事試合に出ることができ、今季ベスト記録を出すことができ、より大きな大会への出場できるとの嬉しい声をお聞きするまでになりました。

 

今回、治療とともに、患者さんには自宅で簡単にできる取り組みしていただきましたので、その取り組みについてをご紹介させていただきます。

取り組んでいただいたのは、特殊なサンダル(歩行ケア)でのトレーニングで、体の歪みで間違った筋肉を元の状態に戻すようにしました。

さらに、足のアーチをしっかりとサポートし、正しい歩行をサポートしてくれる靴下(歩行プロ)を履いてもらおうにしてもらいました。

これらを治療と組み合わすことで、より治療効果を維持しやすくなり、日常生活の中での姿勢の崩れを防ぎ、早期改善していくようにしました。

歩行ケアについて、詳しくはこちら

 

患者さんのお母様から頂いた喜びの声について

今回の患者さんのお母さんに、ご記入いただいた喜びの声を掲載させていただきます。

Q.何が決め手で当院を受診されましたか?
高校生の息子がお世話になりました。

私のひどい坐骨神経痛を治していただいたので、息子も良くなればと思い受診しました。

Q.どのような症状にお悩みで受診されましたか?

少し走っただけで膝に痛みが出て、スポーツをできない状態だが3週間後の試合に出たい為受診しました。

Q.実際に受診されて良かったことをお書きください。

体が歪み足をつく時ねじっているということで、治療やストレッチのアドバイスをしていただきました。

先生の治療を紹介していただいた「歩行ケア」のソックス、サンダルのおかげもあり、日に日に良くなり無事試合にも出ることができました。

ありがとうございました。まだ、ゆがみのクセが抜けていないので引き続きお世話になります。

10代男性学生 (岡山市在住)

 

まとめ

「少し走っただけでも、膝の外側が痛くなる」
「練習を休んでいるのに、変わらない」
「マッサージをしてもらっているけど、いっこうに良くならない」

など、膝の外側の痛みで、走ることが出来なくなってしまい困っていた陸上をしている学生さんの改善事例について、ブログにてご紹介させていただきました。

 

もし、今現在、同じような膝の痛みでお悩みを抱えている方がおられましたら、一度お近くの整骨院、整体などの治療院に一度ご相談してみてください。

そのようなご相談をできる治療院がない場合は、当院でも相談を受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。

(柔道整復師 今行慎二 監修)