倉敷市藤戸町の天城整骨院
お気軽にお問い合わせください

腰痛の治療について

腰痛を持たれている方がなぜ良くならないのか?

多くの人が一度は経験する腰痛、全国で腰痛持ちが2800万人、実に4人に1人が腰痛持ちだという推計が厚生労働省による調査で分かっています。日々医療技術は進歩しているにもかかわらず、腰痛が改善せず悩んでいる患者さんはおられます。

腰痛

私は治療家になって7年になり、多くの腰痛で悩まれている患者さんを治療させていただきました。
そんな多くの患者さんの多くは、
「常に腰が重だるく、仕事や家事をするのが辛い」
「湿布や痛み止めの薬ばかりで、いっこうに腰痛が改善しない」
「このまま一生腰痛と付き合っていかなければと思うと不安になる」

など様々な悩みを抱えておられました。

ほとんどの患者さんは、当院を受診する前に、整形外科や他の整骨院、鍼灸院やマッサージ、整体などに行かれて効果が出ていませんでしたが、そんな患者さんが当院の治療を受けられて改善実績が多くあります。

患者さんの原因にあった的確なアプローチをすれば、腰痛は改善していくことがほとんどです。
今現在、どこに行っても良くならずに困っている方に、少しでも参考になればと思い、当院の腰痛の考え方について書かせていただきました。
ぜひじっくりお読み下さい。

なぜ腰が痛くなるのか?

腰痛の原因は、従来はレントゲンやMRIをとり、骨の変形やヘルニアを指摘され、「腰椎にヘルニアがあるから」「骨が変形してきているから」と言われていました。しかし以下のような最新の研究で、腰痛持ちの方と腰痛を感じたことのない方を知れべると、同じように骨の変形やヘルニアがあったりと必ずしも、骨が痛みの原因ではないということがわかっています。

・腰痛患者200名と健常者200名のX線写真を比較した研究によると、両群間に変形性脊椎症、骨粗鬆症、椎体圧迫骨折などの異常検出率に差は認められなかった。したがって老化による解剖学的変化が腰痛の原因とは考えられないと結論。 http://1.usa.gov/jb0ly3

・腰痛患者378名と健常者217名の腰部X線写真を比較した研究でも、両群間における変形性脊椎症の検出率に差はなく、加齢と共に増加する傾向が見られることから、変形は正常な老化現象にすぎず、腰痛の原因とは考えられないと結論。 http://1.usa.gov/msMFAV

腰痛研究でもっとも権威のある国際腰痛学会の栄誉ある賞を受賞した論文には

・椎間板ヘルニアと診断された強い腰下肢痛を訴える患者46名と、年齢、性別、職業などを一致させた健常者46名の腰部椎間板をMRIで比較した結果、健常者の76%に椎間板ヘルニアが、85%に椎間板変性が確認された。http://1.usa.gov/iN3oKG

簡単にいうと腰痛のない76%の方にヘルニアが、85%の方に椎間板の異常があったということです。

これにより、骨の変形や椎間板の異常は腰痛の原因とは言えないという事実が証明されました。
アメリカ腰痛学会の腰痛ガイドラインでは「変形性腰椎症は無意味な診断である」と明記されています。
みなさんもよく知っている「ヘルニア」や「脊柱管狭窄症」など椎間板に異常をきたす疾患が腰痛の原因でないということはすでに多くの研究が証明しています。

では骨以外にどんな原因があるのか?

腰痛の患者さんの多くは、

  • 椅子に座っている時に片方の足を組んで座ることが多い
  • 長時間あぐらで座っている
  • 立っている時は片側の足に体重をかけていることが多い
  • 立っている際など、どちらかのつま先が偏って外向きになっている

という感じで、偏った姿勢や体の使い方によって全体のバランスが崩れてしまっています。
上記のような場合、日頃から腰だけでなく股関節やお尻まわりの筋肉に大きな負担をかけることになります。当然、腰と股関節周りをつないでいる筋肉が常に引っ張られることにより、筋肉や組織は硬くなってしまいます。
股関節やお尻まわりの筋肉が硬くなると、骨盤周りのバランスが崩れてしまい、その結果、腰への負担が増えることで腰痛を引き起こしてしまいます。

ストレスが原因であることも

人は、ストレスがかかると全身の血管が収縮し血流が悪化します。

血流が悪化すると、不要な老廃物や二酸化炭素をスムーズに排出することができず、身体の中に留まることで痛みや疲労の原因となります。

当院の腰痛治療は「局所(痛みのある部分)」と「全身」にアプローチ

当院では「局所の治療」と「全身の治療」をおこないます。
局所の治療として、国内外のアスリートが愛用しているドイツの最新の治療機器などを使用して早期に痛みが改善するように治療します。
全身の治療とは動きが悪かったり、バランスを崩している足首や股関節、肩甲骨や首などに対して整体治療をおこなうものです。

柔道整復師

また、治療と同時に日常生活動作や癖を改善してもらうために指導をします。必要な場合は、姿勢を維持するための運動も指導させていただく事があります。

腰痛治療を受診された患者様の声

天城整骨院で腰痛の受診をされた患者様からいただいたお声を紹介しております。ご来院をお考えの方の参考となれば幸いです。

腰痛患者さんの声1

Q.なにが決め手で当院を受診されましたか?(当院を選んだ理由など)
「友達の紹介」

Q.どのような症状にお悩みで当院を受診されましたか?
「腰やヒザの痛み」

Q.実際に受診されてよかったことを教えてください
「自然に痛みを感じなくなったように思う」

(倉敷市 70代 女性)
腰痛患者さんの声2

Q.なにが決め手で当院を受診されましたか?(当院を選んだ理由など)
「インターネットで市内の整骨院を検索して」

Q.どのような症状にお悩みで当院を受診されましたか?
「2年ほど前から尻から太ももにかけて痛みがあり、整形外科、マッサージ、整骨院など、次々治療してみましたが、あまり効果がなかったので」

Q.実際に受診されてよかったことを教えてください
「5回目の治療の頃より、日によって波はあるものの次第に痛みが和らいで積極的に家事に取り組む気持ちになりました。先生の言われる通りの生活に心がけ完治するまで治療を続けたいと思います」

(倉敷市 70代 女性)
腰痛患者さんの声3

Q.どのような症状にお悩みで当院を受診されましたか?
「腰の痛みにより朝布団から起き上がれない。赤ちゃんを抱っこできない」

Q.実際に受診されてよかったことを教えてください
「上記のこと、その他、日常生活が楽になりました。骨盤ベルトを併用し改善しました。ありがとうございました」

(赤磐市 40代 女性)
腰痛患者さんの声4

Q.なにが決め手で当院を受診されましたか?(当院を選んだ理由など)
「治療していただくととても楽になるので」

Q.どのような症状にお悩みで当院を受診されましたか?
「肩や首、腰の痛み」

Q.実際に受診されてよかったことを教えてください
「痛みがなくなり、とても楽になりました」

(岡山市 50代 女性)

国家資格者による施術

治療で患者さんの体の状態を診ていく上で、解剖学や生理学、一般臨床医学などの体に関する専門的な知識が必要になります。

当院は、「柔道整復師」の免許を取得した院長自身が治療を行います。
「柔道整復師」を取得するには最低3年間は学校で学び、解剖学や生理学、整形外科学などの体に関する専門的な知識を勉強し、国家試験を受験して合格しなければ得られない資格です。
厚生労働省が認めた筋肉や骨、関節のプロとして院長が責任を持って治療させていただきます。
安心してご相談ください。

柔道整復師」の免許

受診をご希望の方は、お早めにご予約を

なお、初めて受診される方の場合、しっかりお話を聞かせていただき正確に検査をし、治療させていただくため、1日に初めて受診される方を診られる人数は1日3名様までとさせていただいています。
「当日でも予約は取れるだろうと思っていて、当日予約を取る事ができなかった」
「痛みが辛いのに予約が取れない」
となりませんように、お早めにご予約ください。

ご予約はお電話、インターネットから取ることができます。
インターネット予約に関しては24時間予約受付しております。

倉敷市藤戸町の天城整骨院
天城整骨院までお気軽にお問い合わせください