湿気に伴う肩こり、夏前に知っておきたい簡単な緩和法 - 患者さんに寄り添った治療を。天城整骨院です。頭痛・肩こり・腰痛・膝痛などの慢性痛、捻挫、急性・亜急性の関節や筋肉・腱の痛みなどでお困りでしたら当院へお越し下さい。

倉敷市藤戸町の天城整骨院
お気軽にお問い合わせください

湿気に伴う肩こり、夏前に知っておきたい簡単な緩和法


はじめに

こんにちは。
岡山県倉敷市藤戸町にある天城整骨院の今行です。

湿気の多い季節が訪れると、肩こりが悪化するという声をよく耳にします。

特に仕事や家事で忙しい女性にとって、肩こりは日常の悩みの一つになっている方も多くおられます。

 

そこで、今回のブログでは、湿気が肩こりを悪化させる理由や、家庭や職場でできる簡単な緩和法についてご紹介します。

これらの方法を日常生活に取り入れてもらうことで、肩こりのない快適な生活を送ることができます。

 

今現在、肩こりに悩まれている方は、参考になるかと思いますので、ぜひ最後までお読みください。

 

湿気が肩こりを悪化させる理由


湿気が肩こりを悪化させる原因はいくつかあります。

まず、湿度が高いと体温調節が難しくなり、体が冷えやすくなります

特に冷房の効いた部屋で長時間過ごすと、筋肉が冷えて硬直しやすくなります。

この筋肉の硬直が肩こりの主な原因の一つです。

 

さらに、湿気が高いと血行が悪くなります

血行が悪くなると、筋肉に十分な酸素や栄養が行き渡らず、疲労が蓄積しやすくなります。

疲労が溜まることで筋肉が硬直し、肩こりが悪化するのです。

 

また、梅雨や夏の湿気の多い時期には、気圧の変化も大きくなります。

気圧の低下は体にストレスを与え、関節や筋肉に負担をかけます

特にデスクワークや長時間同じ姿勢を続けることが多い方にとって、これらの要因は肩こりを引き起こしやすくします。

 

自宅でできる肩こり緩和法


肩こりを緩和するためには、自宅で簡単にできる方法を取り入れることが効果的です。

 

まず、お風呂で体を温めることです

温かいお風呂に浸かることで血行が促進され、筋肉の緊張が緩和されます。

さらに、エッセンシャルオイルを使用したアロマバスもおすすめです。

ラベンダーやカモミールのオイルはリラックス効果があり、肩こりの緩和に役立ちます。

 

また、自宅でできる簡単なストレッチも効果的です

例えば、肩甲骨を動かすストレッチが挙げられます。

両手を前に伸ばし、肩甲骨を引き寄せるように動かすことで、肩周りの筋肉がほぐれます。

これを1日数回行うことで、肩こりの緩和につながります。

 

さらに、姿勢を意識することも重要です。

特に家事をしているときには、無理な姿勢を続けないように注意しましょう。

定期的に姿勢を正し、背筋を伸ばすことで、筋肉の負担を減らすことができます。

 

仕事の合間に取り入れたい肩こり対策

デスクワークが多い方や、仕事中に長時間同じ姿勢を続ける方には、仕事の合間にできる肩こり対策が重要です。

まず、姿勢を正すことを心がけましょう。

長時間のデスクワークは、自然と姿勢が崩れやすくなります。

1時間に1度は立ち上がり、体を伸ばすことで、筋肉の緊張を和らげることができます

 

椅子に座ったままできる簡単なストレッチも取り入れましょう。

例えば、両手を背中で組み、肩甲骨を引き寄せる動作を行います。

この動作を数回繰り返すことで、肩周りの血行が良くなります。

 

また、デスク周りの環境を整えることも大切です

モニターの高さや椅子の位置を調整し、体に負担がかからないようにしましょう。

 

もう一つの方法は、目の疲れを取ることです。

目の疲れは肩こりの原因にもなります

定期的に目を休めるために、遠くの景色を見ることや、目の周りをマッサージすること、目のホットパックをおすすめします。

 

まとめ


湿気が高い季節には、肩こりが悪化しやすくなりますが、家庭や職場でできる簡単な緩和法を取り入れることで、肩こりを効果的に対策することができます

 

お風呂でのリラックスや簡単なストレッチ、姿勢の改善など、日常生活の中で少しずつ実践してみてください。

忙しい毎日の中でも、健康な体を保つために、自分に合った方法を見つけることが大切です。肩こりに悩まされることなく、快適な生活を送りましょう。

 

もし、いろいろな改善策を試しているけど、肩こりがいっこうに良くならないなどの場合は、我慢せずに専門家に相談しましょう。

当院では、不調の原因を見極め、一人ひとりに合わせた施術を行っています。

お気軽にご相談ください。

(柔道整復師 今行 慎二 監修)