豪雨災害をあわれた方へ 何かできないかと考えマスクを500枚マスクを寄付させていただきました。 - 倉敷市藤戸町の天城整骨院です。頭痛・肩こり・腰痛・膝痛などの慢性痛、捻挫、急性・亜急性の関節や筋肉・腱の痛みなどでお困りでしたら当院へお越し下さい。

倉敷市藤戸町の天城整骨院
お気軽にお問い合わせください

豪雨災害をあわれた方へ 何かできないかと考えマスクを500枚マスクを寄付させていただきました。


こんにちは、天城整骨院の院長の今行です。

先日、熊本などの豪雨災害をあわれた方へ何かできないかと考え、倉敷市社会福祉協議会にマスクを500枚マスクを寄付させていただきました。

 

熊本など全国各地で、豪雨により災害を受けたことにより、倉敷市社会福祉協議会にて災害ボランティアが発足する予定になっています。

 

今後、災害地域から要請があれば、倉敷市社会福祉協議会から、マスクなどの物品を災害地域へ提供していくことになります。

 

これらの情報を関係者の方から知り、今回マスクを寄付させていただきました。

豪雨災害にあわれた方々へ少しでも、役立てていただければと思います。

 

 

 

知り合いの方からCSRという言葉を教えていただきました。

CSR( corporate social responsibility)とは略語で、

企業の利益だけを追求するのではなく、

企業が社会に対して貢献する責任がある

今、コロナの影響で、どこの企業も自社のことで、精一杯かもしれませんが、

そんな今こそ、なにか企業が、社会に対して出来ることを考えていかないといけないではと思うようになりました。

院長1人とスタッフ3人では、企業と言われる代物ではないですが、

当院が社会に対して、できることを考えて、地域に貢献できるようにしていきたいと思います。