膝の痛みにお悩みの総社市にお住いの60代後半の女性の患者さん - 倉敷市藤戸町の天城整骨院です。頭痛・肩こり・腰痛・膝痛などの慢性痛、捻挫、急性・亜急性の関節や筋肉・腱の痛みなどでお困りでしたら当院へお越し下さい。

倉敷市藤戸町の天城整骨院
お気軽にお問い合わせください

膝の痛みにお悩みの総社市にお住いの60代後半の女性の患者さん


こんにちは!

倉敷市藤戸町 茶屋町駅から車で5分にある

天城整骨院の今行です。

 

「このまま膝が悪くなっていったら将来歩けなくなるのか不安なんです。」

膝の痛みにお悩みの総社市にお住いの60代後半の女性の患者さん。

50代後半から床に座っていて立ち上がろうとする際や長時間立ちっぱなしの際に膝に痛みを感じるようになり、

整形外科で時々湿布や痛み止めの薬をもらいながら生活されていたのですが、

ここ最近になり、時々膝が腫れて水が溜まることがあり、痛みも今までより悪化し、病院にも頻繁に行って注射を打たれて痛みを抑えていました。

そんな中で、知り合いが当院の患者さんだったことから紹介で2ヶ月前に来院されました。

1週間に1回で、今日で8回目の治療でしたが、

ここ2週間ほどは、長い間歩いても腫れることもなくなり、症状も改善し、

「水を抜かなくていいので嬉しいです。」

日に日に膝の状態が良くなるのが、

患者さん自身が実感できるようなっているようでので良かったですね。

 

「なぜ何度も膝に水が溜まるんですか?」

とよく聞かれます。今回の患者さんにも初診時質問されました。

膝が水が溜まる多くの方は、膝が炎症を起こしているため水が溜まっています。

腫れている時は手で触っても、明らかに膝が熱く感じたりします。

そんな炎症が抑えようとして、冷やそうとして水が溜まっているのです。

要は火事になっているので、水を撒いて消してくれようとしている正常な体の反応が起こっているのです。

水が溜まっていても不安に思われている患者さんも多いですが、正常な反応なので不安になる必要はないのです。

病院で何度も水を抜いても、また、膝に水が溜まるのは火事(炎症)がおさまってないからで、

水を抜いたからといって水が溜まる癖になることもありません。

それよりも重要なことは、なぜ膝が炎症しているかの原因を探すことです。

 

当院に来られる膝が悪い方は、体全体のバランスであったり、股関節、足関節の柔軟性の低下であったりする事がほとんどです。

今回の患者さんは股関節の柔軟性の低下と体全体のバランス悪さが原因でした。

どうしても病院では痛みのある部分のみを治療となってしまうため、なかなか改善しない事が多くなる傾向があります。

 

長い間膝の痛みで困っている方は、一度膝以外の全体的に診てくれて、根本的に治療をしてくれる信頼できる病院、整骨院や接骨院で一度ご相談してはどうかなと思います。

 

もし、ご相談できる医療機関がない場合は、当院でも、そんなあなたを全力で改善できるように積極的に治療させていただきますので、諦めずにご相談ください。

 

天城整骨院_外観