「産後、仰向けで寝るのが辛くなった方へ 今日から出来る簡単な腰痛改善方法」 - 倉敷市藤戸町の天城整骨院です。頭痛・肩こり・腰痛・膝痛などの慢性痛、捻挫、急性・亜急性の関節や筋肉・腱の痛みなどでお困りでしたら当院へお越し下さい。

倉敷市藤戸町の天城整骨院
お気軽にお問い合わせください

「産後、仰向けで寝るのが辛くなった方へ 今日から出来る簡単な腰痛改善方法」


こんにちは!

天城整骨院の今行です。

今日は、「産後、仰向けで寝るのが辛くなった方へ 今日から出来る簡単な腰痛改善方法」について、

ブログを書きました。

このブログを読むことによって、

しっかりとした睡眠時間を取れるようになり、

育児に疲れた体を休めることが出来るようになれるでしょう!

お時間がある際に、是非お読みください。

 

産後、仰向けに寝ていて、腰に痛みや違和感を感じる原因は?

妊娠中にお腹が大きくなるために、

骨盤が倒れて反り腰になりやすくなります。

妊娠中にそんな反り腰の状態が長く続くと、

股関節の前側の筋肉が柔軟性が低下してしまい、

出産後も癖になり反り腰の状態が続きます。

 

反り腰の状態で仰向けで寝ていると、

常時背中の筋肉が緊張して疲労が溜まり

結果、腰の筋肉の痛みや違和感を起こしやすくなります。

また、捻る動作もしにくくなり、

寝返りで腰に痛みを起こす原因になります。

 

寝る際は出来るだけ、体が楽な姿勢で寝ることが基本です。

 

自分が反り腰なのかのチェックの仕方

壁に背中からもたれかかり、

(背中はしっかり壁につけること)腰の後ろの隙間を確認してみてください。

 

手の平がなんとか通せる隙間が通常です。

それ以上隙間が空いているような場合は、

あなたは反り腰になっている可能性があります。

 

 

反り腰を改善するために、ストレッチで有効です!

股関節の前側の筋肉をストレッチして、

柔軟性をあげることにより、

反り腰の状態は改善されます。

では、どの筋肉をストレッチすればよいのか?

この股関節の前側にある筋肉に、

腸腰筋、大腿直筋と呼ばれる筋肉があります。

 

この2つの筋肉をストレッチして、

柔軟性を取り戻すことが反り腰が改善することが可能です。

 

腸腰筋、大腿直筋のストレッチの仕方

・大腿直筋のストレッチ

写真のように、壁に手をついて、太ももの前側の筋肉を伸ばしていきましょう!

最初は、ゆっくり左右20〜30秒ぐらいを2、3セットを目安でやっていって下さい。

・腸腰筋のストレッチ

①から②の順番で、ゆっくり背筋を伸ばして、

おへそを全面に突き出していく感じでやっていきましょう。

最初は、ゆっくり左右20〜30秒ぐらいを2、3セットを目安でやっていって下さい。

ストレッチする上で注意しないといけないこと

やり過ぎないこと。ストレッチは継続することが重要です。
 何回も何回も、その日にやったからといって、
 筋肉の柔軟性が急に改善することはありません。
 継続して続けていくことにより、筋肉の柔軟性は少しづつ改善していきます。

今日からやってみてくださいね!

最後、仰向けで寝ている際に腰に違和感や痛みがある方は、

今日から早速やってみてくださね!

寝る際の腰の痛みや違和感を改善させて、

快適な睡眠をとっていきましょう!

 

*今回紹介させていただいたストレッチをしていて、腰に痛みが強くなるや足にしびれなどが起こる場合は、あなたの腰痛に合ってないかもしれないかもしれませんので、そんな場合はしないようにしてくださいね。

 

今現在、産後の腰痛にお悩みの方で、色々自分自身でストレッチなどしているけど、いっこうに改善しない腰痛をお持ち方は、一度整形外科や整骨院のお知り合いの先生にご相談ください。

お知り合いの先生がおられない場合は、当院でもご相談は受け付けておりますので、お電話にてご連絡ください。

 

柔道整復師 今行慎二 監修