建築ブログ:家のビニールクロスの張り替えをする際のビニールクロス選びで、ちょっと気をつけた方が良いこと - 倉敷市藤戸町の天城整骨院です。頭痛・肩こり・腰痛・膝痛などの慢性痛、捻挫、急性・亜急性の関節や筋肉・腱の痛みなどでお困りでしたら当院へお越し下さい。

倉敷市藤戸町の天城整骨院
お気軽にお問い合わせください

建築ブログ:家のビニールクロスの張り替えをする際のビニールクロス選びで、ちょっと気をつけた方が良いこと

tag

こんにちは!

天城整骨院の今行です。

少しずつですが、日に日に気温も暖かくなっていますね。

もうすぐ3月を迎えようとしています。

 

新年度が近づくと、部屋の模様替えをしようと壁や天井のビニールクロスの張り替えをする方もおられるのではないでしょうか?

今日は、ビニールクロスを張り替える際のビニールクロス選びで注意しないといけないことについて書きました。

これを読むことによって、

せっかく部屋の雰囲気変えようと、ビニールクロス貼り替えたのにイメージと違ったなどの問題が少なくなると思います。

張り替え用のビニールクロスをカタログで選ぶ際に、

なるべく生地が厚手のクロスを選ぶようにする事が重要です。

「今までと全然雰囲気を変えてみよう!」

「今のクロスの柄が気に入っているので、同じような柄にしよう!」

などビニールクロスを選ぶ際に考える方も多いと思いますが、

 

そんな時にカタログから選ぶ際に、生地の厚さをチェックしておきましょう!

私は、治療家になる前は、10年間50軒以上の住宅を設計や監督した経験があります。もちろん建築士の資格も持っています。(なぜ建築士を持っているかはHPの院長プロフィールをお読みください→こちら

リフォームもかなりの件数をしてきました。

そんな経験から得たビニールクロス選びの知識です。

ビニールクロスには、薄手の生地と厚手の生地のものがあります。

通常クロスを貼り替えする場合は、一度既存のビニールクロスを剥がします。

ビニールクロスを剥がした際に、

下地の壁が傷んだり、既存のビニールクロスがうまく取れないため、

職人さんは下地の処置をします。

そうすることにより、下地に凸凹がないようにします。

下地処理が終わった後、新しいビニールクロスを貼ります。

しかし、どうしても下地の凸凹が多少残ってしまいます。

(絶対に凸凹が嫌だと言われる方は、下地の壁からやりかえを勧めますが、

かなりの工事費がかかってしまいます。)

薄手のビニールクロスを選んでしまうと、下地の凸凹をひろってしまい、見る角度によっては凹凸がよく見えてします。

昼間は見えなくても、夜になりダウンライトなどの照明器具を付けると、クロスの下地の凹凸がわかりやすくなったりします。

どうしても、クロス選びは、クロスの柄ばかりに目がいって決めてしまいますが、生地の薄い、厚いなどには目がいかないことがほとんどです。

張り替え用のビニールクロスを選ぶ際に、

なるべく生地が厚手のクロスを選ぶようにする事を覚えておくといいですよ。

 

そうすることによって、

せっかく部屋の雰囲気変えようとビニールクロス貼り替えたのに、

イメージと違ったなどの問題が少なくなると思いますよ。

 

******************************************

〜  天城整骨院  〜

「一人ひとりの患者さんの想いに誠実に向き合うことを大切にしています。」

臨床7年、のべ2万人以上の経験の院長が責任を持って診させていただきます。

 

完全予約制、自費治療専門の整骨院です。

当院では、健康保険、自賠責保険は取り扱いしていません。

 

初診料1,500円(税別)

治療費5,000円(税別)

インターネットでの予約はこちら

アクセスはこちら

患者さんの声はこちら

◆電話番号:086-420-1585

◆診療日時 :月・火・水・木・金・土 : 10:30〜20:00
水:10:30〜12:30

天城整骨院公式LINE@ページ

最新の腰痛情報、日曜日診療お知らせなどの役に立つ情報を配信しています。

↓ ↓ ↓

友だち追加