建築ブログ「ビニールクロスにを選ぶ際のちょっと気をつけた方が良い事:その②」 - 倉敷市藤戸町の天城整骨院です。頭痛・肩こり・腰痛・膝痛などの慢性痛、捻挫、急性・亜急性の関節や筋肉・腱の痛みなどでお困りでしたら当院へお越し下さい。

倉敷市藤戸町の天城整骨院
お気軽にお問い合わせください

建築ブログ「ビニールクロスにを選ぶ際のちょっと気をつけた方が良い事:その②」


こんにちは!

天城整骨院の今行(いまゆき)です。

少し前に書いたブログで、

「家のビニールクロスの張り替えをする際のビニールクロス選びで、ちょっと気をつけた方が良いこと」

(前回のブログはこちら

について書きましたが、

今回はビニールクロス選びについて、

第2弾「ビニールクロスにを選ぶ際のちょっと気をつけた方が良い事:その②」

について書きました。

 

ビニールクロス選びで、

カタログを見ていると色々種類があり過ぎて、

何を基準に決めた方が良いのか悩まれている方には、

参考になるとは思います。

 

私は、治療家になる前は、10年間50軒以上の住宅を設計や監督した経験があります。もちろん建築士の資格も持っています。(なぜ建築士を持っているかはHPの院長プロフィールをお読みください→こちら

リフォームもかなりの件数をしてきました。

そんな経験から得たビニールクロス選びの知識です。

 

是非読んでみてくださいね。

 

 

 

最近の新築の家は高気密、高断熱の家仕様なので、

エアコンをスイッチ入れれば、

熱が外に逃げづらい構造になっているために、

エアコンが効率よく効きますよね。

いい事なのですが、

壁や天井に貼ってあるビニールクロスもエアコンにより、

冷たくなったり、

温かくなったりするために、

その影響を受けて、

商品自体がよく伸び縮みをします。

 

そのため、職人さんにどんなに綺麗に貼ってもらっても、

壁や天井の隅にビニールクロスが伸び縮みをして、

隙間が出来てしまいます。

 

当院が改装して4年目の入っていますが、

天井と壁との隅が、写真のように隙間が・・

天井や壁の隅の方なら、

コーキング材と言う補修材を入れれば気にならない程度にはなります。

 

実際に、先ほどの当院の天井と壁との隅の隙間も、

コーキング材で補修すると、写真のように、気にならなくなります。

しかし、当院の壁や天井のビニールクロスのジョイントに隙間が出来てしますと、

コーキング材などで補修するのが難しく、

こうなると、貼り替えしか方法がなくなってしまいます。

当院の壁のビニールクロスのジョイントの隙間が出来て写真が↓

 

最近は、ビニールクロスに絵などの柄物など色々なデザインのものがありますが、

そういうデザインのものだと余計に、

ビニールクロスのジョイントの隙間がよく目立ってしまうので注意が必要です。

 

なので、

ビニールクロスを選ぶ際は、

将来、多少の隙間ができる事を考えて選んだ方がいいと思います。

 

今現在、ビニールクロスを選んでいる方には、余計に悩みの種を増やすかもしれませんが、

なかなかビニールクロスを張り替えることは少ないと思いますので、

色々悩んでこれだってものを探してみてくださいね。

 

 

 

 

****************************************

〜  天城整骨院  〜

「一人ひとりの患者さんの想いに誠実に向き合うことを大切にしています。」

臨床7年、のべ2万人以上の経験の院長が責任を持って診させていただきます。

どんなに小さな不安やお悩みでも、安心してご相談ください。

インターネットでの予約はこちら

アクセスはこちら

患者さんの声はこちら

◆電話番号:086-420-1585

◆診療日時 :月・火・水・木・金・土 : 10:30〜20:00
水:10:30〜12:30

◆治療費

初診料1,500円(税別)

治療費5,000円(税別)

2回目以降治療費5,000円(税別)

天城整骨院公式LINE@ページ

最新の腰痛情報、日曜日診療お知らせなどの役に立つ情報を配信しています。

↓ ↓ ↓

友だち追加