一度でも腰のヘルニアで辛い思いをされていた方へ ヘルニアを予防するためのストレッチ - 倉敷市藤戸町の天城整骨院です。頭痛・肩こり・腰痛・膝痛などの慢性痛、捻挫、急性・亜急性の関節や筋肉・腱の痛みなどでお困りでしたら当院へお越し下さい。

倉敷市藤戸町の天城整骨院
お気軽にお問い合わせください

一度でも腰のヘルニアで辛い思いをされていた方へ ヘルニアを予防するためのストレッチ


こんにちは!

天城整骨院の今行です。

最近、雨が多いために、

我が家の庭の草たちは、ビックリするほど生き生き伸びています。

草取りは、私の仕事なので毎朝10分ぐらい抜いていってますが、

草の生えるスピードに草とりのスピードが追いつきません・・・

 

 

さて、今日は、

「一度でも腰のヘルニアで辛い思いをされていた方へ ヘルニアを予防するためのストレッチ」

についてブログを書かせていただきました。

このブログを読むことによって、

ヘルニアを再発しないよう予防するストレッチの仕方を知ることが出来ます。

少し長いブログになりましたが、

ぜひお読みください。

腰のヘルニアとは?

人には、背骨と背骨の間には椎間板というクッション材があります。

椎間板の中心には髄核(ずいかく)と言われるゼリー状の軟らかい組織、その外側は線維輪にいう線維軟骨からなっている構造になっています。

この椎間板の中にある髄核がなんらかの原因で漏れ出すことを椎間板ヘルニアと言います。椎間板ヘルニア

ヘルニアになりやすい人

 

腰の椎間板ヘルニアは、

腰の骨が曲がっている動作を繰り返すことが多いと、

椎間板に圧迫した力が加わると発症しやすくなります。

例で言うと

・仕事などで中腰の姿勢が多い方

・長時間椅子に座っている方

などです。

 

どうすればヘルニアを予防出来るのか?

 

腰を反る姿勢でいることで、

ヘルニアの発症や悪化するのを予防することが出来ます。

では、どうすれば腰を反る状態に体を持っていってあげれるか?

 

太ももの裏側の筋肉の柔軟性をあげることです

 

ヘルニアを予防することが出来るハムストリングのストレッチ(太もも裏側の筋肉)

①から②の順番で、ゆっくり太ももの裏側の筋肉を伸ばしていきましょう。

最初は、ゆっくり15秒ぐらいを2、3セットを目安でやっていって下さい。

①しゃがみ、両手で両足首をしっかりと握ります。

しゃがんだ際に腰が辛いでしたら、足幅を広げてもらっても構いません。

②出来るだけ胸と太ももが離れないように、膝を徐々に伸ばしていき、限界まで伸ばします。

 

毎日ストレッチを続けることで柔軟性が上がっていきます。

ストレッチは、毎日継続してやることが重要です。

2、3日に一回やるでは、筋肉の柔軟性は上がっていきません。

毎日継続してストレッチを続けていくことにより、

筋肉の柔軟性は少しづつ改善していきますので、

是非今日から継続して頑張ってくださいね。

*今回紹介させていただいたストレッチをしていて、腰に痛みが強くなるや足にしびれなどが起こる場合は、あなたの腰痛に合ってないかもしれないかもしれませんので、そんな場合はしないようにしてくださいね。

****************************************

〜  天城整骨院  〜

岡山県では数台しかない特別な機械と手技により、患者さんの体にあった方法で体のバランスを整えることで、体の痛みをとります。

長年の痛みや慢性的な腰痛や肩こりの辛さや不安から解放された生活したいという方は、お電話かインターネットで予約枠を確保いただくようお願いいたします。

天城整骨院HPはこちら

天城整骨院Facebookページはこちら

天城整骨院google+ページはこちら

◆住所:岡山県倉敷市藤戸町天城423 <JR茶屋町駅から車で5分>

◆電話番号:086-420-1585

◆診療時間:月〜土 : 10:30〜20:00
水:10:30〜12:30

◆治療費

初回時6,500円税込(初診料1,500円(税別)+治療費5,000円(税別))

2回目以降治療費5,000円(税別)

患者さんの声についてこちら

本日の予約状況についてこちら

当院のネット予約ページはこちら

天城整骨院公式LINE@ページ

最新の腰痛情報、日曜日診療お知らせなどの役に立つ情報を配信しています。

↓ ↓ ↓

友だち追加