「このまま治らず、この痛みと一生付き合っていかないのか不安だったんです。」足の裏の痛みにお悩みの倉敷市にお住いの60代の女性の患者さん - 倉敷市藤戸町の天城整骨院です。頭痛・肩こり・腰痛・膝痛などの慢性痛、捻挫、急性・亜急性の関節や筋肉・腱の痛みなどでお困りでしたら当院へお越し下さい。

倉敷市藤戸町の天城整骨院
お気軽にお問い合わせください

「このまま治らず、この痛みと一生付き合っていかないのか不安だったんです。」足の裏の痛みにお悩みの倉敷市にお住いの60代の女性の患者さん


こんにちは!

倉敷市藤戸町にある天城整骨院の今行です。

嬉しい患者さんの声をいただきましたので、投稿しますね!

 

足裏の痛みにお悩みの倉敷市にお住いの60代の女性の患者さん。

 

毎朝、起きて布団から降りて、足を床について体重をかけると足のかかとの辺りに強い痛みを感じて辛い思いをされていました。

 

当院を来院される前に、

整形外科を受診し、レントゲンを撮ってもらい足底筋膜炎と診断を受けて治療していたのですが、

思うような改善がみられないため、

インターネットで当院を見つけられて来院され、

 

「このまま治らず、この痛みと一生付き合っていかないのか不安だったんです。」

 

と、初診時の問診の際に、辛い思いをお話しされていました。

 

 

足の状態と全体の身体バランスの状態を診させていただき、

足の裏の筋肉や筋膜の柔軟性がなくなっているために、歩くたびに足の裏に無理な力がかかってしまい痛みの原因になっていました。

今回、足の裏の筋肉や筋膜の柔軟性を上げるために超音波治療器と微弱電流治療器を組み合わせて治療し、一緒に体の身体バランスも診させていただき、調整治療させていただきました。

 

「足の裏が痛かったのが、忘れるぐらい良くなりました。」

今回6回目の治療になったのですが、普段の生活で足の裏の痛みを感じることはなくなり、

今後も痛みのリスクを少なくするために1ヶ月後にメンテナンス治療の予約をされて帰られました。

 

 

足底筋膜炎について

足の裏には様々な筋肉がついています。その筋肉を包むように足底筋膜と言われる膜で覆われています。図を参照ください。

この足底筋膜が何らかの原因で炎症を起こしていると病院で診断されると「足底筋膜炎」という診断名をつけられます。

症状としては、朝の朝の起床の時の最初の一歩目や、じっとしている状態から次の動作に移る時に、
踵や土踏まずの部分が痛くなります。多くの方が歩行しているうちに軽減していきます。

通常マラソンやスポーツなどで長い間走ったりして足の裏が痛みが出ていれば、炎症を起こしているとイメージを出来るのですが、特別スポーツなどをしていなくても痛くなる方はおられます。

炎症を起こしていれば安静にしていればそのうち炎症は治まり、痛みがなくなるはずなのですが、なかなか痛みが取れないことが多くあります。

 

当院の足底筋膜炎の治療について

基本は足の裏の筋肉や筋膜に問題があることがほとんどですが、それ以外にも他に問題がある場合があります。

そのため、当院では体の全体の身体バランスも診るようにしています。

 

 

足の裏の痛みをお持ちの方へ

今現在、朝の動きはじめに足の裏に痛みを感じているが、そのうち良くなるだろうと医療機関に受診せずにそのままにしている方は、なかなかそのままにしていても改善しないことが多くありますので、

一度信頼できる整形外科や整骨院などの医療機関を受診することをお勧めします。

 

お知り合いの整形外科や整骨院、接骨院などないようでしたら、当院でも診させていただきますので、お電話にてご相談ください。